レアルマドリードの試合チケットの取り方、取得方法!【CL,クラシコも見れます】代理店に頼まなくてもとれる!

2020年10月24日スポーツ観戦,リーガエスパニョーラ

今日はレアルマドリードの試合チケットを、どのように自力で定価でゲットするか、チケットの取り方、買い方をお伝えしようと思います。

今回は事前に、ネットで取得する方法を記載しています。

最近、久保建英選手が移籍したので、これまで以上に日本からレアルマドリードへの注目度が高まってきました。
サンチャゴベルナベウはサッカー好きの中ではある種の聖地ですから、一生に一回は生で試合を観戦したいものです。

後半では実際にVSパリサンジェルマン戦をサンチャゴベルナベウで見たときの様子も大公開しています。

CLやクラシコなども、試合の前日にはチケットが復活している可能性が高いので、ぜひとも最後までお読みください!!

レアルマドリードのスタジアムの行き方についてはこちら
レアルの本拠地サンチャゴベルナベウスタジアム観光のおすすめについてはこちら
レアルマドリード練習場見学の様子についてはこちら
朝行った方がいいサンチャゴベルナベウツアースタジアムツアーの情報はこちら

FCバルセロナのチケットの買い方はこちら
FCバルセロナのチケットの買い方・取り方を詳しく解説>>

チケットを自力で取得する方法

取得難易度:カンタン~やや難
ファンクラブ入会の必要性:なし
サイト言語:スペイン語、英語で取得可能(日本語は途中で英語に切り替わる)
価格:高め

チケットの価格帯は、通常の試合で30ユーロ~130ユーロとなっており、Jリーグの価格帯と比較すると、かなり高い印象を受けます。

試合によっても価格が変動するので、最低レベルが30ユーロ~130ユーロという感じです。

私は、試合の4日前に2枚チケットを購入しました。
40ユーロのところでかろうじて、横並びの席を見つけました。
100ユーロ越えのエリアはまだ横並びの席が少しありましたが、30ユーロ~50ユーロのところは横並びの席はほとんどありませんでした。
試合開始4日前の空席状況イメージはこんな感じ。

Valladolid戦で上のような状況だったので、強豪と当たる際はチケット発売後すぐ取得されることをお勧めします。

具体的なチケットの取り方

では、チケットの取得方法をお伝えしたいと思います。
チケットサイトは日本語サイトからも行けます。
公式ホームページのチケットタブをクリックします。
2019年8月20日現在、チケットサイトは下記です。

https://www.realmadrid.com/ja/tickets

すると、購入可能な対戦カードが出てきます。
クリックするタブがBUY TICKETになっていれば、購入可能です。

購入可能なカードがない場合でも、販売予定をサイトから確認できます。
購入可能なチケットがない場合は、下記のような画面になっています。
そこから販売予定を確認します。

チケットはクラブ会員から優先的に配布されるため、一般会員まで回ってくるのはおおよそ試合開始7日前からです。

さて購入方法の続きですが、対戦カードのチケット購入(BUY TICKET)をクリックすると下の図が出てきますので、購入したいエリアをクリックします。

するとまだ購入できるエリアの詳細が出てきますので、購入したいエリアをクリックします。

するとシートの詳細が出てきますので、購入したいシートをクリックします。

上のシート空席状況は試合開始2日前のものです。
繰り返しになりますがやはり、チケット取得が2日前では団体で隣に並んで観戦は難しいかと思います。(定価で取るという制限付き)
ちなみに試合開始2日前に一番高い130ユーロのエリアを見てみると、下のような状況です。

1人130ユーロ出せばまだ3人横並びで見ることができそうですね。

団体でリーズナブルに観戦するには、隣り合わせに座ることはあきらめたほうが良さそうです。
近くの座席に座って、試合中は言葉ではなく気持ちを通わせることが、みんなで試合を楽しむ一番良い方法だと思います。

座席を選択し、Continueを押すと、個人情報入力の画面に行きます。

またチケットの送付は、メールの送付のみで、支払はクレジットカードのみ可能です。

個人情報を入力し、Continueを押すと支払画面に移動します。

支払は、Visa, Masterのほかに、Servired, Discoverという支払も選択できるようです。

私は、日本で作ったVisaで一度トライしたのですが、なぜか無効だと表示されたので、Masterで支払うと決済を完了することができました。なぜそうなるかは、わかりません。

決済が完了すると、直ちにメールでチケットが送られてきました

Iphoneをお使いの方はメールをsafari上で開封することをお忘れなく。添付がapple pay上に処理されます。

注意書きに、印刷すると無効と書いてあったので、バーコードを拡大しスマホのスクリーンショットを持って行きましたが、無事入ることができました。

強豪と当たった時

ここでは、2019年11月29日に行われました、vs PSGの時の様子をお伝えします。

全体のスケジュール

全体のスケジュールは下の図のようになっています。

まずこの試合では、試合の2週間前にシーズンチケットを持つ会員向けに販売されました。

マドリディスタ会員購入期間

次にシーズンチケットを持つ会員の2日後に、マドリディスタ会員がチケットを購入可能な期間が2日間あります。

私はマドリディスタだったので、発売日の11月14日にチケットを購入しました。

マドリディスタについてはこちら

購入時のチケット購入画面がこちら

結構席が残っています。

一般発売直前

一般発売の直前にも、チケットの残状況を確認しました。
そう、このブログを書くためだけに…

その時は残が0でした。つまり、一般発売開始直後にサイトを見ても、チケットは購入できない状況です。

1エリアしか選択できない↑

このエリアも、画面には表示されているものの、選択できない状態でした。

試合2日前

しかし、試合が近づいてくるとチケットが復活するのです!!

試合二日前のチケット画面様子がこちら

この時は、チケットが現れては消え、現れては消えを繰り返していました。

試合当日

じゃあ、試合当日はどうなのか!!

その様子がこちら

全エリアが選択可能に!!!

買える!!!

見た感じ50枚くらいは復活していそうでした!

最後まであきらめるなかれ!!

エムバペ足早かった!!!

まとめ

チケットは公式サイトから購入可能。

取得難易度:カンタン~やや難
ファンクラブ入会の必要性:なし
サイト言語:スペイン語、英語で取得可能(日本語は途中で英語に切り替わる)
価格:高め
取得可能日:一般会員は通常試合開始1週間前からチケット取得可能。サイトに販売開始日が明記されている。

通常の試合では、4日前に40ユーロのところでかろうじて、横並びの席を見つけたが、ほとんど横並びの席はない。 100ユーロ越えのエリアは、4日前でもまだ横並びの席が少しある。

CLやクラシコも最後まであきらめるなかれ!!!

FCバルセロナのチケットの買い方はこちら
FCバルセロナのチケットの買い方・取り方を詳しく解説>>

がみ
国立大工学研究科➡国内大手企業(社員5,000人の中から、選抜制海外駐在員に抜擢される)➡2年制国内フルタイムMBA(スペインIE business schoolに半年間交換留学)➡フリーランス
サッカー歴25年
欧米サッカー現地観戦試合数30試合以上
元社会人関東1部サッカーリーグ所属、元Jリーグチームインターン、元甲子園売り子
詳しいプロフィールはこちら