【試合チケット】リバプールFCのチケットの取り方、買い方。正攻法でトライした結果!

スポーツ観戦,プレミアリーグ

今日はリバプールFC(Liverpool FC)の試合チケット購入方法をお伝えしようと思います。

まとめと旅行者の方へのおすすめ手段メンバー販売での取り方、追加販売での取り方、ホスピタルパッケージの取り方、仲介サイトを使った取り方ダフ屋の様子、を紹介しています。

2019/20シーズンの目玉といえば、なんといっても南野拓実選手。クロップ監督ともよい関係を築き、ぜひとも世界一のクラブで実力を発揮してほしいものです。今シーズンどのような活躍を見せるか、楽しみです。

また、リバプールFCのホームスタジアムは、アンフィールドです。世界的にも有名なスタジアムなので、一見の価値ありです。

私がリバプール戦のチケットを取ろうとした話は別記事で紹介します。↓

が、私は最終的にはチケットを取得することはできませんでした!!悲しい

まとめと旅行者の方へのおすすめ手段

取得難易度難しい 普通 カンタン
ファンクラブ入会の必要性チケットのみの場合はあり、ホスピタリティの場合はなし
サイト言語:英語で取得可能
価格日本のチケット代理店3万円くらい
   ホスピタリティチケット400£程度(食事付き)
   ダフ屋:250£から交渉が始まる

リバプールのチケットを正規の方法で取得するのはとても難しいです。世界的に見ても、1.2を争う難しさなのではないかと思います。対戦クラブに限らず、土日のプレミアリーグの試合のチケットを取るのはとても心が折れます。

今イギリス旅行を計画されていてどうしても見たい方がいらっしゃれば、日本のチケット代理店を使うのも一つの手段として大いにありだと思います。また、ホスピタリティパッケージはメンバーにならなくても取得できます(めちゃ高い)。この2つがおすすめです。

すでにイギリスに旅行で来てしまっている人は、ダメ元で代理店に連絡してみるかホスピタリティパッケージを調べるかダメもとで現地に行ってダフ屋さんと交渉するかの3択なのではないかと思います。おすすめはホスピタリティパッケージです。

(ダフ屋行為はイギリスで禁止されている行為ですので、ご注意ください。このサイトはダフ屋からの購入を促すものではありません。)

公式ホームページからの取り方

公式ホームページは↓
https://www.liverpoolfc.com/

チケットサイトは↓
https://www.liverpoolfc.com/tickets/tickets-availability

販売されるチケットの種類

クラブから販売されるチケットの種類は下の3種類です。
1と2はメンバーになる必要があり、3はその必要はありません。

1.「メンバー販売」で発売されるチケット(年に二回)
2.「追加販売」で発売されるチケット (試合の2~3週間前)
3. ホスピタリティ・パッケージ(食事付きのチケット)(売り切れまで)

それぞれご説明します

「メンバー販売」で発売されるチケット (年に二回)

「オフィシャル・メンバーシップ」の「フル」か「ライト」に登録している人だけが買える チケットです。40£程度と一番安いチケットです。
一方、販売方法が独特です。
シーズン前半(開幕~12月)に行われるチケットは7月中旬に一斉に同時販売され、シーズン後半(1月~最終節)に行われるチケットは11月中旬に一斉に同時販売されます
しかも、2日間ですべてのチケットが売り切れます。
つまり、1月以降の旅行の計画をリバプールの試合に合わせて11月中旬までに立てて、さらに販売の2日間パソコンに張り付く必要があります。
実質不可能
でしょう。

さらに、2人以上で観戦の場合は、同伴者もメンバーシップに登録している必要があります。(メンバーは年間40£程度)
さらにさらに、マンチェスターユナイテッド、チェルシー、アーセナル、マンチェスターシティ、トットナム、エバートンと対戦する際は、「前シーズンに13試合以上アンフィールドで観戦して」いないと、チケットを取得することはできません。
旅行者は取得不可能といえるでしょう。

また観戦にはメンバーカードが必要です。カードがチケットの代わりとなります。

メンバーズカード

「追加販売」で発売されるチケット (試合の2~3週間前)

試合の2週間~3週間前からチケットが販売されます。

3週間前以前の画面では下のようにしか表示されませんが

試合日が近づくと下のようになります。

このボタンから販売日には購入可能になります。

私は、この追加販売にかけてパソコンに張り付いていましたが、結局チケットを取得することはできませんでした。
旅行者の方も、ほぼ不可能なのではないかと思います。

チケットが取れなかった話はいずれ書きたいと思います

3ホスピタリティパッケージ(食事付きのチケット)

ホスピタリティパッケージは、クラブが販売している食事付きチケットです。チケットのみの方は入れないところで食事をとれたり、座席がよかったりとメリットは多いです。一方で、価格は高いです。

下の画面のHospitalityの部分をクリックすると、

下のような画面になり、購入可能なチケットが出てきます。

上の図だと、BOX Extrasという席が、電話すると取得可能だという表示になっています。

2020年の1月13日にホスピタリティチケットを調べると下のようになっていました。

ウエストハム戦は426£(約6万円)で購入可能と表示されています。
私の認識ではもし旅行の日付と同じ日にこのウエストハム戦があれば、「買い」です
理由は3つ
1.メンバーシップに加入するのにお金がかかる
2.追加販売でもチケットの入手は難しい
3.仲介サイトやダフ屋はリスクが高い


正規のルートでとろうとすると、それでだけチケット入手は困難です。チケットなく、スタジアムに向かう虚しさったらないです。
一応、日本の代理店にも相談して、どちらかよい方で購入しましょう

仲介サイトを使った取り方

Stubhubという仲介サイトでも取り扱いがあるようです。
https://www.stubhub.jp/

viagogoというサイトでは出品がありませんでした(2020年1月12日)
https://www.viagogo.jp/

一方で手数料を取られてしまうので、普通に取得する20%増し程度の価格になってしまいます。
さらにリバプールの場合、チケットがEチケットで受け取れませんホテルの場所を受け取り場所に指定して受け取らなければなりませんし、さらに使用したメンバーズカードを送り返さなければなりません
リバプール場合は近くのバーが受け取り場所になると、どこかで読んだこともあるのですが、何だか不確定な情報が多すぎて取得できませんでした。

さらにさらに、メンバーズカードの名前を照合されたら一発アウトです。(イギリス人の名前で日本人が入場すると怪しまれる)たまに、照合する人がいるようですので、怖くてそのリスクは負えません。
https://entradas-football.com/unauthorized
https://note.com/annarbor/n/na248da46a6ea
http://footballatuk.com/archives/2423
こんな記事もありました。

日本の代理店に頼んだ方が安全かも…

現地の様子

私はチケットも持たず、スタジアムに足を運んだら何とかなるのではないかとの淡い考えのもと、スタジアムに足を運んでみました。

チケットブースがあったので素知らぬ顔して並んでいたのですが、係のおばさんに声をかけられます。
お:「ここでチケット買えないよ」
私:「…(やっぱりか)thank you」

その後、あたりをうろうろ。
ダフ屋の人に声をかけられます。
ダ:「250£でどう?」
私:「…(めっちゃ高いし。30£の席やん。犯罪やしな…)No thank you.」

結局、試合開始までスタジアムの周りにいて、何ともならなかったのでそのまま帰りました。
めっちゃ悲しかった。

スタジアムの外で聞くyou will never walk alone がこちら

まとめ

取得難易度:難しい
ファンクラブ入会の必要性チケットのみの場合はあり、ホスピタリティの場合はなし
サイト言語:英語
価格日本のチケット代理店3万円くらい
   ホスピタリティチケット400£程度(食事付き)
   ダフ屋:250£から交渉が始まる

日本のチケット代理店を使うのも一つの手段として大いにありだと思います。また、ホスピタリティパッケージはメンバーにならなくても取得できます(めちゃ高い)。この2つがおすすめです。

がみ
国立大工学研究科➡国内大手企業(社員5,000人の中から、選抜制海外駐在員に抜擢される)➡2年制国内フルタイムMBA(スペインIE business schoolに半年間交換留学)➡フリーランス
サッカー歴25年
欧米サッカー現地観戦試合数30試合以上
元社会人関東1部サッカーリーグ所属、元Jリーグチームインターン、元甲子園売り子
詳しいプロフィールはこちら