【体験談】国内MBA受験に予備校は必要か?おすすめまとめもご紹介。費用についても。

MBA

こんばんは

国内MBA受験に当たり、予備校に通うべきか、おすすめの予備校はないかなど、悩まれている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、私の実体験を踏まえながら、予備校に通うべきか、おすすめの予備校はどこかなどご紹介したいと思います。

国内MBA受験をご検討中の方MBA予備校選びに悩まれている方にお勧めのブログとなっています。

かくいう私は、予備校に通い国内MBAを卒業した者です。

>>プロフィールをご覧になりたい方はこちら

このブログを読めば
国内MBA受験に当たり予備校に通うべきか
合格者のの体験談
有名予備校のまとめ

について知ることができます。

国内MBA受験に予備校は必要か?予備校に通うべきか?

予備校は必要か?

結論からお話ししますと、私は「予備校に通うのアリ」だと思っています。

それは、「予備校に通うと効率的に準備できるから」「第三者的なフィードバックを得られるから」です。

社会人のみなさまにとって時間が一番貴重な資産は何か?

国内MBA受験を検討されている方は、社会人の方が多いと思います。

社会人の方、いや、全人類にとって、一番貴重な資産は何か?

それは「時間」です。

社会人の方は、その時間をどこに使うかを明確に意識すべきです。

無駄な努力に時間をかけるより、時間はお金で買った方が効率的です。

指針もなくやみくもに勉強して無駄な時間を過ごすことは誰もが避けたいはずです。

MBAを志す時期は、仕事でもプライベートでも多くの問題を抱えます

仕事の成果、昇進、恋愛、結婚、出産。どれも重要です。

みなさんは無駄な時間を過ごしている暇はないはずです。

ヘタに独学で勉強して受験に失敗したら、準備期間は倍になってしまいます。

無駄な時間を過ごしている暇などないのです。

予備校に通うと本当に効率的か?

予備校に通うと本当に効率的なのでしょうか?

私は高確率で効率的だと考えています。

なぜなら、国内MBAの歴史が長いからです。

事実として、国内MBAは40年以上前から存在します。

試験が仮に1年に1回だったとしても、40回以上は行われているわけです。

その受験を支援する予備校に知見がたまっていないわけがありません。どの予備校にも高確率でたまっていることでしょう。

たとえば、勉強するにしても、歴史が浅い「AI」を学ぶ学校を探すのは少し難しいでしょう。

それは、概念として新しく、学校に知見がたまっているかどうかわからず、費用に見合う効果を実感できるかどうか誰にもわからないからです。

MBAは昔からある概念ですので、思い切ってお金で時間を買っても、それ相応のリターンは得られるはずです。

確かに国内MBAに独学で合格される方はいらっしゃるもの事実です。

皆様個人が、どこまでのリスクを許容できて、どこまでの時間の浪費が許せるかによって、予備校に通うかどうか決めるのが良いでしょう。

第三者的なフィードバックをくれる

MBAの試験準備で第三者的なフィードバックは心強いです。

なぜなら、1人で改善するのが難しい試験科目だからです。

国内MBAの試験は、小論文、研究計画調書、面接試験が主な試験科目です。

小論文や研究計画調書の書き方は、ある程度自分一人でできることもあります。

例えば、「国内MBA受験のための研究計画書の書き方」や「国内MBA受験 小論文対策講義」を買えば、ある程度対策は可能です。

実際私の同期にも、独学で合格した人も数名いました。

しかし、面接試験は絶対に一人では対策できません

会話のキャッチボールの試験ですから、会話のキャッチボールの練習をしなければなりません。

そのため、話し相手が必要で、かつ、改善点を教えてくれる話し相手が必要です。

また、小論や研究計画調書も、自分一人ではなく、フィードバックをもらいながら磨き上げた方が、より良いものができます。

私の経験談

私は国内MBAに進学しましたが、アゴスという学習塾に通っておりました。

アゴスは、海外MBA受験の予備校です。

そこのカウンセラーの方に、試験の相談をさせていただいたり、面接の相談にも乗っていただきました。

私の試験対策や、面接当日の様子をまとめたブログはこちら>>

余談ですが、その時期に英語の点数が上がり、国内MBAから海外MBAに交換留学させていただくことができました。その時の体験談はこちら>>

国内MBA予備校まとめ

私が知る限り、6つの有名予備校が存在します。

順にご紹介します(順不同)

河合塾KALS

河合塾KALSは河合塾グループの予備校です。

合格実績も豊富で毎年多くの合格者を輩出しています。合格体験記はこちら>>

通学+eラーニングの国内MBAパーフェクトコース ¥386,100

Web通信の国内MBAパーフェクトコース ¥324,500

で提供されています。

講座や費用はこちら>>

アガルートアカデミー MBA

アガルートアカデミーはかつてのウインドミル・エデュケイションズがアガールトアカデミーMBAコースになりました。

講師の方も国内MBAを卒業されています。

フルカリキュラム ¥268,000で受講できます。詳しいカリキュラムはこちら>>

合格者の声はこちら>>

合格者が顔出しでyoutubeに出演しているところからも、予備校と合格者の間に一定の信頼関係があることが分かります。

NIKKEN MBA lab

NIKKEN MBA labは国内MBA受験専門の予備校です。

定額制で授業を提供している点・無利子奨学金がある点・OB/OG会がある点が、他に比べて特徴的です。

小論文・研究計画書・面接指導 ¥29,8000 詳しいコース解説はこちら>>

一橋MBA合格者の声>>

Z会

Z会は、大学院受験のための研究計画調書の書き方講座を¥41,500で提供しています

中央ゼミナール

中央ゼミナールは、大学院入試、大学編入・学士編入試験、社会人入試、転部転籍試験の予備校です。

中央ゼミナールのステップアップサポート部は、1968年に大学夜間部に進学した学生の「どうしても昼間部へ転部したい」という熱意に動かされて誕生しました。

MBA受験のための講座はこちら>>

国内MBAパッケージ ¥220,000で提供されています。

合格実績はこちら>>

四谷ゼミナール

四谷ゼミナールは大学院入試、大学編入・転部、社会人入試、大学受験、医学部受験、現役高校生、高認試験対策において42年の実績のある予備校です。綿密なカウンセリングをもとに、個人別カリキュラムを作成してもらえるのが特徴です。

学費は、講座数に応じて変わります。一例では¥160,000です。

詳しいカリキュラムと費用はこちら>>

まとめ

私はMBA受験の予備校肯定派です。

様々なことに時間が必要な時期だからこそ、時間を買う感覚で予備校に通われるのはいかがでしょうか。

MBAで学ぶ知識は、学校に行かなくても得ることができます
素人から始めて100冊以上書籍を読んだ私が理解しやすかった書籍を厳選しました
【MBA取得者が勧める本6選】初心者でもビジネスの基礎を独学で学べる書籍・必読書>>

MBAに行こうかどうか悩んでいる方はこちら>

仕事を辞めて、フルタイムのMBAに通うとこんな生活が待っています。
日本のMBAに通った男の2年間をすべて赤裸々に語りました。
日本国内フルタイムMBAのスケジュールは? どのような生活を送ったかを日本のMBA取得者が解説>>

日本のMBAを取得しても、自分の市場価値は上がらないとのうわさもありますが
本気で日本のMBAを過ごしたら、どのような就活になるかについて書きました
退職を検討されている方にはぜひ読んでほしい記事です。
日本国内MBAが転職に与える影響は? 外コンやGAFAに行ける?卒業者が実体験を解説>>

MBA受験をお考えの方の中には、MBAを取得さえすればバラ色の未来が待っているとお考えの人も多いのではないでしょうか?実は違います!
私が入学前に考えずに、後悔したことをまとめました。
MBA入学後の後悔。受験前に考えずに失敗したこと MBAは魔法の杖か?>>
 
MBAは高額だという印象をお持ちの方は多いのではないでしょうか?
MBAにかかる費用を、生活費も込みでまとめました
日本国内MBAの取得に費用・コストはどのくらいかかるのか?費用を抑えるコツも教えます>>

MBAについては、「不要論」や「使えない論」まで様々なうわさが広がっています。
国内MBAを卒業した男が、独自の見解をまとめました。
日本国内MBA取得は意味ない?サラリーマンを辞めるほど意味あるの?MBAいらない?日本国内MBAの価値は?>>

MBAに通うと様々なメリットがあります。
私が入学前に想像していなかったメリットデメリットについてまとめました。
日本国内MBAに入って地味に感じたメリット・デメリットを公開>>

オンラインでビジネスを学ぼうとしている方はこちらも参考になります>

オンラインMBAについて、日本語で学べるものや欧米のトップスクールで英語で学ぶものまで
日本で働きながら学べるものを網羅的にまとめました。
【オンラインMBAまとめ】日本で学べるオンラインMBA・ビジネススクール 費用や言語についても>>

通学式のMBAに通い、いくつもオンラインの講座も受講した私が
両者の違い、メリットデメリットについてまとめました。
オンラインMBAとリアルに通うMBAはどちらが良いか?MBA卒業生が語る>>

初心者からでも、動画でビジネスを学べる時代がやってきました。
無料で学べるものもまとめました。
初心者からビジネスが学べるオンライン無料動画教材一覧 有料講座まとめもあります>>

MBAの学校選択に悩まれている方はこちらもご覧ください>
日本のMBAランキングは?世界のランキングとどう違うの?
世界の評価機関で日本の大学院がランクインしているものを集めました>>

MBAの学校を調べていると、多くの国際認証があることに気づかれると思います。
MBAの国際認証についてまとめました。
MBAと国際認証。認証があるビジネススクールまとめ。国際認証は意味があるの?>>

日本国内のMBAについて、難易度ランキングはありませんが、倍率を比べることはできます。
日本国内MBAの倍率ランキングまとめ。就業経験の必要・不必要情報もあり>>

もし日本のMBAに入学しても、欧米のMBAに入学した人と、完全に同じ授業を受けられます。
私が感じた日本と海外のMBAの違いについても書いています。
日本国内MBAから海外MBAへ交換留学した話>>

ケースメソッドを中心としたMBAに通った私が、座学の授業との違いについて
率直に感じたことをまとめました。
ケースメソッドと座学の授業はどちらがよいか?MBA卒業生が経験を語る>>

MBAランキングを調べられた方は、評価機関がたくさんあってよくわからないという印象を持たれているのではないでしょうか? 主要7つの評価機関のランキングをまとめました。
【最新2020年版まとめ】世界MBAランキング 7つの主要評価機関>>

がみ
国立大工学研究科➡国内大手企業(社員5,000人の中から、選抜制海外駐在員に抜擢される)➡2年制国内フルタイムMBA(スペインIE business schoolに半年間交換留学)➡フリーランス
サッカー歴25年
欧米サッカー現地観戦試合数30試合以上
元社会人関東1部サッカーチーム所属、元Jリーグチームインターン、元甲子園売り子
詳しいプロフィールはこちら