【最新2020年版まとめ】マーケティングMBA世界ランキング 3つの主要評価機関のランキングをまとめました。

MBA

こんにちは

日本や世界には様々なMBAの学校があり、どこを受験しようかどうか悩んでいる方が多いのではないでしょうか?

MBAランキングは学校の教育水準を知るための一つの評価基準になりえます。

学校ごとにいろんな評価機関がMBAプログラムを評価していますが、特定の分野に絞ってMBAプログラムのランキングを発表している評価機関も多いです。

そこで今回はマーケティングMBAの最新世界ランキングをまとめましたのでご紹介したいと思います。

このブログを読めば、マーケティングMBAの最新のランキングでの上位校が評価機関ごとに分かります。

学校選択で悩まれている方やMBAに興味がある人、マーケティングに興味がある人に有益なブログとなっています。

私は国内フルタイムMBAを卒業し現在フリーで活動しています。受験時には海外MBAも検討していたので、多くのランキングを調べました。また国内MBA在学中にはIE Business schoolというスペインのMBAプログラムに交換留学しておりました。

<参考>
MBAランキングを調べられた方は、評価機関がたくさんあってよくわからないという印象を持たれているのではないでしょうか? 主要7つの評価機関のランキングをまとめました。
【最新2020年版まとめ】世界MBAランキング 7つの主要評価機関>>

日本のMBAランキングは?世界のランキングとどう違うの?
【最新2020年まとめ】世界の評価機関で日本の大学院がランクインしているものを集めました>>

最新マーケティングMBAランキングとその評価機関

US News and World Report

US News and World Reportはアメリカで発行されている雑誌です。

US News and world reportの2020マーケティングランキングはこちら>>

ランキングの方法はこちら

  1. Northwestern University (Kellogg)
  2. University of Pennsylvania (Wharton)
  3. University of Michigan–Ann Arbor (Ross)
  4. Duke University (Fuqua)
  5. Stanford University

Northwestern University (Kellogg)マーケティングにおいてとても有名な学校で、マーケティングの先生はほとんどといってよいほどこの学校出身です。

あのマーケティングの神様ともいわれるフィリップ・コトラー先生が教鞭を振るわれていたのもこの学校です。

また、書籍でもマーケティングが専門の人は一度は読んだ方がいいと言われている秘伝の書を出版されています。

値段も一万円前後と、秘伝感がものすごいです。1万円でもアマゾン評価で★4.5。コトラー先生おそるべしです。

その他、コトラーのマーケティング、コトラーのマーケティング2、コトラーのマーケティング3、コトラーのマーケティング4と、毎回進化する理論を提唱されています。
4回も進化と聞くと、フリーザ超えてるやんと思ってしまいますが、それほど世の中から求められているのです。

スマホ時代のマーケティング、マーケティング4.0のリンクだけ貼っておきます。

マンガもあります。

QS World Rankings

QS世界大学ランキングとは、イギリスの大学評価機関のクアクアレリ・シモンズ(QS)が毎年9月に公表している世界の大学のランキングであり、その中でMBAランキングも公表しています

QSランキングは将来の学生にとって最も重要なものはなにかを測定することに取り組んでおり、中核となる測定基準は雇用適性、アントレプレナーシップ、卒業生の実績、投資利益、ソートリーダーシップ、授業と学部の多様性であるとされています。

2019年QSマーケティングMBA Rankingsはこちら

  1. Stanford United States
  2. Northwestern (Kellogg)      United States
  3. UCLA (Anderson)                United States
  4. ESADE  Spain
  5. Harvard  United States
  6. IE Business School               Spain

QSのマーケティング MBA Rankingはヨーロッパの学校もランクインしていますね。

余談ですが、交換留学させていただいたIE business schoolがharvardとならんで同率5位にランクイン。
IEは新規事業系でも有名で、新規事業系の授業を多く履修していたので、あまりマーケティングの授業が取れませんでした。取ればよかったな~

交換留学したときの様子を詳細に書いたブログはこちら>>

Princeton Review

Princeton Reviewは大学試験準備サービス、個別指導およびオンラインコース、書籍を提供するサービス会社です。

隔年でMBAのトップ25を発表しています。マーケティングについては、アメリカ国内のみで1位から10位が発表されています。

マーケティング MBAランキングはこちら

  1. Stanford University – Stanford Graduate School of Business
  2. Indiana University—Bloomington Kelley School of Business
  3. University of California—Los Angeles – UCLA Anderson School of Management
  4. The University of Texas at Austin – McCombs School of Business
  5. University of Wisconsin—Madison – School of Business

まとめ

いかがでしたでしょうか?

MBAの学校を選ぶ際、ランキングは一つの目安となります。それだけ、卒業生の満足度も高く、そこで作れる人脈も素晴らしいものとなります。

一方でランキングだけで、学校を選択することは危険です。

私は、日本のMBAからIE Business Schoolに交換留学しておりましたが、2つの学校に行って気が付いたことは、本当に1つ1つの学校は違っていて、特徴も様々だということでした。

MBA受験される皆様は、MBA中の2年間を本当に有意義にするためにも、ぜひキャンパスビジットされることをお勧めします。

こうなりたい!という思いで門をたたくと、卒業するころにはありたかった理想の姿で卒業できるということもあるでしょう
むしろ、こうありたい!という気持ちの方が大事だと思います

日本のMBAをご検討中の皆様は、私でよければ、日本のMBAの話はできますので、ご興味がある方は問い合わせフォームよりお問い合わせください。 みなさまのMBA Lifeが有意義になることを祈っております。

海外MBAも含めMBAで学ぶ知識は、学校に行かなくても得ることができます
素人から始めて100冊以上書籍を読んだ私が理解しやすかった書籍を厳選しました
【MBA取得者が勧める本6選】初心者でもビジネスの基礎を独学で学べる書籍・必読書>>

分野別世界のMBAランキングまとめ>
分野別ランキングも評価機関によって発表しているところ発表していないところがバラバラです。
起業・アントレプレナーシップ>>
オンラインMBA>>

MBAの学校選択に悩んでいる方はこちらも参考にどうぞ

TOEFLの点数が上がらなくて、受験校を国内MBAに切り替えようかなと思っている方は
こちらの記事も参考になります。
私自身が国内MBA卒業前に転職活動した様子と日本のMBAの評価について。GAFAや外コンに行ける?>>

ケースメソッドを中心としたMBAに通った私が、座学の授業との違いについて
率直に感じたことをまとめました。
ケースメソッドと座学の授業はどちらがよいか?MBA卒業生が経験を語る>>

MBAの学校を調べていると、多くの国際認証があることに気づかれると思います。
MBAの国際認証についてまとめました。
MBAと国際認証。認証があるビジネススクールまとめ。国際認証は意味があるの?>>

起業が目的でMBAを目指す人も多いのではないでしょうか?
実際に日本と海外でMBAで起業・について学んだ経験をまとめました。
起業にMBAは必要か不要か?国内MBA卒業生が語る>>

通学式のMBAに通い、いくつかオンラインの講座も受講した私が
両者の違い、メリットデメリットについてまとめました。
オンラインMBAとリアルに通うMBAはどちらが良いか?MBA卒業生が語る>>

仕事を辞めて、フルタイムのMBAに通うとこんな生活が待っています。
日本のMBAに通った男の2年間をすべて赤裸々に語りました。
日本国内フルタイムMBAのスケジュールは? どのような生活を送ったか>>

オンラインMBAについて、日本語で学べるものや欧米のトップスクールで英語で学ぶものまで
日本で働きながら学べるものを網羅的にまとめました。
【オンラインMBAまとめ】日本で学べる通信制/オンラインMBA・ビジネススクール 費用や言語についても>>

がみ
国立大工学研究科➡国内大手企業(社員5,000人の中から、選抜制海外駐在員に抜擢される)➡2年制国内フルタイムMBA(スペインIE business schoolに半年間交換留学)➡働きながら副業実施中
サッカー歴25年
欧米サッカー現地観戦試合数30試合以上
元社会人関東1部サッカーチーム所属、元Jリーグチームインターン、元甲子園売り子
詳しいプロフィールはこちら