イノベーション・オブ・ライフ|要約|【最高の人生を生き抜くために】ハーバードビジネススクールを巣立つ君たちへ

MBA,キャリア

こんにちは

このブログを読んでくださっている方は、人生について悩んでいる方、もっと良い人生を送りたいと思っている方、人生を好転させたいと思っている方が多いのではないでしょうか?

今回は、イノベーション・オブ・ライフ ハーバードビジネススクールを巣立つ君たちへを読み、要約・ポイントをまとめました。

この本の最もユニークな部分は、「成功する企業をいかに構築し、維持するか」において用いられるゼネラルマネジメント理論を、人生に適用させていく部分です。

今回は、引き合いに出された企業戦略の部分には触れず、人生の指針について触れられている部分のいくつかを紹介します。

このブログを最後まで読めば、本書で語られた

幸せなキャリアについて考えるべき事
幸せな人生について考えるべき事
人生の目的について

が分かります

イノベーション・オブ・ライフ|要約|【最高の人生を生き抜くために】ハーバードビジネススクールを巣立つ君たちへ

著者

クレイトン・M・クリステンセン

クレイトン・M・クリステンセン教授は、ハーバードビジネススクールの看板教授で「破壊的イノベーション論」で一躍ビジネス界に不動の地位を確立しました。「イノベーションのジレンマ」などが有名です。

クレイトン・クリステンセン教授は、毎年ハーバードビジネススクールで受け持つ講義の最終日に、ビジネスや戦略ではなく、どうすれば幸せで充実した人生を送れるかについて、学生たちと話し合う機会を持たれていたようです。

2020年にお亡くなりになりました。

クリステンセン教授の疑問

ハーバードビジネススクールの卒業生は、卒業後10年20年と時がたつと、職業人として明らかに成功し、社会的成功を手に入れているにもかかわらず、明らかに不幸な人が多くいたようです。

満たされない私生活、家庭の崩壊、仕事上の葛藤、犯罪。才能に恵まれ、教養にあふれた人が、なぜこうなってしまうことがあるのかと疑問に思ったようです。

どうすれば、幸せで成功するキャリアを歩めるだろう?
どうすれば、伴侶や家族、親族、親しい友人たちとの関係を、ゆるぎない幸せのよりどころにできるだろう?
どうすれば誠実な人生を送り続け、罪人にならずにいられるだろう?

これらの問いに、経営理論を自分に当てはめることを通して学んだ内容が紹介されます。

人生の難題には簡単な解決策などない

人生の難題には簡単な解決策などありません

人間は何千年も前から、自らの存在理由について考え続けてきました。

そんな中で、この本は、人生の根源的な問題を手軽に解決する方法ではなく、人生の状況に応じて、賢明な選択を手助けするツール“理論”を提供します。

人生の問題の何を考えるべきか、ではなく人生の問題をどう考えるべきかを示しています。

幸せなキャリアについて

幸せなキャリアは、

優先事項
計画と機会のバランス
資源配分

で構成されます。

この戦略プロセスを理解しうまく運営すれば、成功するチャンス、心から愛する仕事に就けるチャンスが最も高くなる、とクリステンセン教授は言います。

これからこの3つについて言及します。

優先事項 衛生要因と動機づけ要因を分ける

優先順位とは、意思決定を行う時、判断のよりどころとなる基準です。

あなたのキャリアで最も重視するものは、どんなことでしょうか?

困ったことに、あなたが仕事の上で重要だと思うことは、あなたを本当に幸せにしてくれることと一致しない場合が多いと教授は言います。しかも、気づいたときには手遅れなことも多い。

この間違いを避ける手段として、動機づけ理論が紹介されます。

私たち一人ひとりを動かすものは何かをまず理解しないことには、幸せについて有意義な話し合いなどできなません。

動機づけ理論:モチベーション理論・二要因理論

動機づけ理論では真の動機づけは、人に本心から何かをしたいと思わせることから来ると言われています。

仕事の満足感が連続的に変化していく(つまり一方の極に非常に満足度の高い状態から、その対極に、まったく満足していない状態までが、連続的につながっている)という一般的な前提は、人間の心の動きを正確に表していない、と教授は言います。

満足と不満足は、実は一つの連続体の対極に位置するモノではなく、別々の独立した尺度です。

私たちは、衛生要因と動機づけ要因と、2種類の要因を区別する必要があります。

衛生要因

衛生要因とは少しでもかければ不満につながる要因です。例えば、ステータス、報酬、食の安定、作業条件、管理方法などがこれに当たります

この理論からは次の解釈が成り立ちます。

仕事の衛生要因を直ちに改善しても、仕事を突然好きになるわけではないという解釈です。せいぜい嫌でなくなるのが関の山だ、と教授は言います。

「仕事に不満がある」の反対は、「仕事に満足している」ではなく、「仕事に不満がない」なのです。

一方で、仕事への愛情を生み出す要因は、「動機づけ要因」だそうです

動機づけ要因

動機づけ要因とは、仕事への愛情を生み出す要因です。例えば、やりがいのある仕事、他者による評価、責任、自己成長などが含まれます。

動機づけは、外からの刺激はほとんど関係なく、自分自身の内面や仕事の内容と大いに関係があります。

自分にとって本当の意味のある仕事、深くやりがいがあって、職業的に成長できる仕事、責任や権限の範囲を拡大する機会を与えてくれる仕事。これらが仕事への愛情を生み出す要因です。

これらが毎朝うんざりしながら仕事に向かうか、わくわくした気持ちで向かうかの違いを生むようです。

衛生要因と動機づけ要因

衛生要因を主な判断基準にしてキャリアを選ぶ(中でも収入を主な判断基準としてキャリアを選ぶ)と、満たされない思いをする人が多かったようです。

私たちが最も陥りやすい問題の一つは、それさえあれば幸せになれると信じて職業上の成功を示す、目に見えない証に執着することだと教授は言います。

計算と幸運のバランス

ここでは、心から愛せる仕事を探す、計画人生に起きる思いがけない機会や脅威とのバランスをうまくとる方法について説明します。

5年の人生計画を常に立っておくべきだという人もいれば、人生に降りかかる問題に臨機応変に対応する戦略を取り、自分はそれでうまくいったという人もいるでしょう。

それぞれに適した場所と時期がある、と教授はいます

どんな時は創発的になり、どんな時は計画的になるべきかをこの章では説明します

私たちは、人生やキャリアで、意識していようがいまいが、常に意図的戦略か創発的に表れる予期されない選択肢のどちらかを選びながら、道を進んでいきます。

どちらの戦略が本質的に優れているとか劣っているということはありません。

計画的になるべき時

あなたの求める衛星要因と動機づけ要因の両方を与えてくれる仕事が、すでに見つかっているなら、意図的手法をとるのが理にかなっているようです。

この場合は、予期されない機会に合わせて戦略を修正することは忘れて、意図的に設定した目標をどうやって達成するかに施行を集中するのがいいです

創発的戦略をとるべき時

一方、こうした条件を満たすキャリアがまだ見つかっていない人は、道を切り開こうとする新興企業のように、創発的戦略をとる必要があります。

こういう状況にあるときは、人生で実験せよということだ、と教授は言っています。

一つ一つの経験から学びつつ、戦略を修正していくと、キャリアを歩むうちに、自分がどのような分野の仕事なら好きになれるか、輝けるのかが分かってきます。

そのうち、動機づけ要因を最大限に高め、衛生要因を満たせる分野がきっと見つかるでしょう

自分のキャリアについて考えがまとまらないうちは、人生の窓を開け放しておくとよいです。

状況に応じて、様々な機会を試し、方向転換し、戦略を調整し続ければ、いつか衛生要因を満たすとともに動機づけ要因を与えてくれる仕事が見つかるはずです。

資源配分 戦略の実行

ここでは戦略の実行について述べられます。

自分の時間とお金、能力を費す資源の振り分けを、どのように決めているでしょうか?

戦略は資源が配分されて初めて、実行に移すことができます。

自分の資源が流れている場所に目を配ってみてください。

自分の立てた戦略を支えるような配分がなされていない場合、深刻な問題が起きる恐れがあります。

家族が何より大事というなら、ここ一週間の時間の使い方の選択で、家族を最優先しているでしょうか?

今最も声高に要求する者に時間を割き、最も早く見返りが得られるものに能力を注ぐ、というのは陥りがちな罠の一つです。

幸せな人生に必要なことについて

キャリアでの優先事項は、家族、友人、信仰、健康といった人生の幅広い優先事項の一つでしかありません

人生は、キャリアがすべてではありません。

ここでは、幸せな人生に必要なことについて、キャリア以外の観点から述べられています

その中から今回は、2つお伝えします。

自分の成功を評価するものさしを、自分にとって最も重要な問題に合わせる必要があります。そしてこのすべてを、適切な時間枠で考えなくてはいけません。

家族や親しい友人との関係で気を付けること

ここでは、家族や親しい友人との関係に気を付けることが、幸せな人生に必要なことだと書かれています。

家族や親しい友人たちとの、親密で愛情に満ちた、ゆるぎない関係は、人生で最も深い喜びを与えてくれるものの一つです。

家庭生活が万事うまくいっているように思われるときは、家族との関係への投資を後回しにできるというのは間違いです。

家族と強力な関係、友人との親密な関係を築くことに最も力を入れる必要があるのは、一見そのような必要がない時です。

人生の投資の順番をいつでも好きに変えられると思っているのは大きな誤解です

他者を理解すること

他者を理解することも、幸せな人生に必要なことだと書かれています。

愛する人に幸せになってほしいと思うのは、自然な気持ちです。難しいのは、自分が愛する人との関係の中で担うべき役割を理解することです。

その第一歩は、伴侶や愛する人が、あなたに片づけてほしいと思っている「物事」を理解することから始まる、と教授は言います。さらにその「物事」を実際に片づける必要がある、とも言います。

幸せを求めることは、幸せにいてあげたい人、自分を犠牲にしてでも幸せにして挙げる価値があると思える人を探すことでもあります。伴侶の成功を助け伴侶を幸せにするために、自分をどれだけ犠牲にできるかにかかっています。

人生に目的を持つことの大切さ

教授は、人生に目的を持つことが必要だと言います。

将来なりたい自分を想像し、自分で目標を描くことに価値がある、と言っています。

そのうえで、やるべきこととやるべきでないことを決定することも必要だと言います。

自分が本当になりたいのはどんな人間かを自問自答し、それに身をささげなければなりません。

また、自分の人生の価数尺度を自分自身で理解することも必要です。

物事の全体をとらえるには、何事も集計する必要があります。

評価尺度を設けることが、ものごとの成果を正確に評価する方法とはい難いですが、これが私たちにできる最善の方法だと主張されています。。

じっくり時間をかけて人生の目的について考えれば、後で振り返った時、それが人生で発見した一番大切なことだったと思うはずです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、イノベーション・オブ・ライフ ハーバードビジネススクールを巣立つ君たちへを読み、要約・ポイントについてお伝えしました。

幸せなキャリアについて考えるべき事

優先事項
計画と機会のバランス
資源配分

幸せな人生について考えるべき事

家族や親しい友人との関係
他者を理解すること

人生の目的について

人生には目的が必要で、将来なりたい自分を想像し、自分で目標を描くことに価値がある

スポーツ大好き勉強家ビジネスマン
国立大工学研究科➡国内大手企業(社員3,000人の中から、選抜制海外駐在員に抜擢される)➡2年制国内フルタイムMBA(スペインIE business schoolに半年間交換留学)➡事業家を志して活動中
サッカー歴25年
欧米サッカー現地観戦試合数30試合以上
元社会人関東1部サッカーチーム所属、元Jリーグチームインターン、元甲子園売り子
詳しいプロフィールはこちら