【MBAと年収】MBAを取っても収入は上がらない?国内と海外MBAと年収の関係についてまとめました

MBA,キャリア

pexels-photo-2068975.jpeg

こんにちは

このブログを読んでくださっている方は、MBAに興味がある方、MBAの学校を検討されている方、キャリアチェンジを検討されている方、MBAを取れば年収はどれくらい上がるの?と疑問に思っている方が多いのではないでしょうか?

今回は、【MBAと年収】MBAを取ってもば収入は上がらない?国内と海外MBAと年収の関係について、お話しします。

MBAは学費が高いことで有名ですよね。学費をしっかり回収できるか、皆さん気になるところでしょう。

このブログを最後まで読めば、
海外MBAと年収についての関係
日本MBAと年収についての関係
実体験をもとにした私のMBAと年収に対す認識

が分かります。

結論を先に申し上げますと、MBA取得はキャリアや年収にポジティブな影響が見込めるのではないかと考えています。

私は、国内MBAを卒業しました。海外MBAにも行ったのでその経験をもとに書かせていただきます。

>>詳しいプロフィールはこちら

【MBAと年収】MBAを取っても収入は上がらない?国内と海外MBAと年収の関係

前提:MBAを取れば、自動的に年収が上がるわけではない。

MBAを取れば、自動的に年収が上がるわけではありません。

MBAは経営学修士であるため、資格ではなく、大学院を卒業したという称号にしかすぎません

そのため、MBAを持っていなければ実施できない特定の業務はありません。

ですから、MBAが直接的に年収アップにつながるかは断言しにくい状況にあります。

それに比べ、例えば医師免許などの国家資格では、その免許がないと実施できない業務があるため、その業務を実施できることで年収が上がると容易に説明することができます。

医師免許が年収アップにつながったと断定しても、決して言い過ぎではりません。

MBAは、年収の増加がMBA取得の影響かどうか切り分けることができないんですね。

では、近年の研究やインタビューでは、MBAが年収に与える影響はどのようにとらえられているのでしょうか?

海外MBAと年収の関係

Financial timesが2021年に発表しているMBAの年収と年収増加率

Financial timesは、世界のトップMBAを卒業すれば、年収が大幅に増加することをデータで示しています。

ここでは、卒業後3年目の人の年収と、卒業前と比べたときの年収増加率が調査されています。

The FT surveys alumni three years after completing their MBA.
The first two alumni criteria are average income three years after graduation and salary increase compared with pre-MBA salary…

https://rankings.ft.com/rankings/2859 より引用

2021年Global MBA ranking 1位のInseadの卒業から3年後の年収は米ドル換算で$188,432(約2,000万円)で、MBA入学前からMBA卒業3年後の年収増加率は96%であったとしています。

5年で給料がほとんど倍ですね。

Forbes 2020年の記事

一方で海外MBAについて、こんな興味深い記事もForbesから出されています。

海外MBAが生涯年収に与える影響は1%増である、という記事です。

ある研究者が、大学院(MBAに限らない)に進学する人の生涯年収を推計しました。

この調査で特徴的なのは、MBAに進学した人が、仮にMBAに進学せず働いていたと仮定した生涯年収と、MBAに進学したあとの生涯年収を比較したところです。

law and medical degrees boost earnings while mba's do not
こちら より引用

この調査によると、医学や法学は生涯年収を増加させたという結論に達しました。

一方、MBAは授業料と勉強している期間の機会損失を加味すると、わずか1%しか生涯年収を引き上げなかったと結論付けています

ここで我々が忘れてはならないことは、アメリカのMBAの授業料が非常に高額だという点、この調査で調査対象となっているMBAは必ずしもトップMBAに限ってはいない、という2点です。

Chicago MBAで2010年に発表された論文

こちらの論文は、MBA卒業後の男女間の年収の差を調査した論文です。

2010年に発表されたデータですが、MBA卒業後の年収が、男性の平均値、中央値、女性の平均値、中央値ともに、卒業後1年で$111,314(約1,200万円)を超えていることが分かります。

Chicago MBAは2021年Financial times Global MBA Rankingで3位に入る世界トップクラスのMBAですから、トップ校に行けば、卒業後すぐ半分以上の人は年収1,000万円を超えることが分かります。

海外MBAと年収の関係への個人的見解

海外MBAと年収の関係の個人的見解を述べます

海外MBAに進学した方は卒業後、投資銀行や戦略コンサルティングファームに就職しやすい傾向があるため、卒業後の年収が高いと考えられます。

特に、アメリカは学歴社会ですので、MBAは投資銀行、戦略コンサルティングファームへの登竜門となっている側面があります。上記の会社は、卒業後すぐでも提示年収が高いです。

月並みな見解ですが、海外MBAではトップ校であればあるほど卒業後年収が大幅に増加する傾向にあると考えていいと思います。

こちらのyoutubeでも、海外MBAについて同様の見解を持たれています。

日本国内MBAと年収の関係

早稲田大学MBAと年収

ここでは日本のビジネススクールの現状を知るために、早稲田大学MBAの卒業生の方に年収の関するアンケートを匿名で実施された早稲田大学MBAの長谷川教授が行われた調査を紹介します。

早稲田のMBAを卒業した方、特に長谷川ゼミを卒業され、アンケートに回答された方の平均年収は1,417万円だったそうです。

日本経済新聞 2021年5月21日朝刊より引用

また、年収の上昇率でみれば、国内MBAの上昇率は海外のオンラインMBAに引けを取らないと紹介されています。

海外のMBAと比較して、年収上昇率が低い原因は、企業派遣学生が修了後に元もポジションに戻り学びが生かされない状態になっているのではないかと長谷川教授は考えられているようです。

グロービス経営大学院MBAと年収に関する2020年の調査

クロービスMBAでも年収に関するアンケートが2020年に2019年3月までに卒業された方を対象に行われました。

その中で、卒業生でアンケートに回答した方の全体で、年収増加者の年収は、平均で41.2%の上昇がみられたようです。

また、これらの上昇率を、dodaが集計した、全国平均と比較すると、各年代で全国平均の約4~5倍の大きな上昇を示した、とされています。

グロービスHP より引用

名古屋商科大学MBAと年収

ここでは名古屋商科大学MBAがおそらく2020年に実施した調査を紹介します。

卒業後、3年間の年収の追跡調査を行い、約200人の回答から下のような結果が得られたそうです

80%の方々が卒業後3年以内に昇格
5%の卒業生が2000万円以上の給与上昇
25%の卒業生が、300万円以上の給与上昇
平均的に200万円の給与上昇
80%の卒業生が最低100万円の給与上昇

国内MBAと年収の関係への個人的見解

国内MBAと年収の関係の個人的見解を述べます

私は、国内MBAも、年収にはポジティブな影響があるのではないかと考えています。

上記調査からも、直接的な影響があると示すことはできませんが、ポジティブな影響はありそうだとの印象を受けます。

実際私の同期でも、GAFAMに就職した方や、外資系戦略コンサルティングファームに就職した方も多数いらっしゃいます。

一方、「もともと優秀な人がMBAに進学しているから、卒業後の年収が高い」とか「MBAに行かなくても、年収が上がっていた可能性がある」等の可能性も考えられます。また、調査の内容によっては「どの時点の年収を比較しているかはっきりわからない」などの疑問も生じます。

しかし、総じて、年収にはポジティブな影響があるのではないかと考えています。

まとめ MBAと年収の関係への総合個人的見解

私は、海外、国内に関わらず、年収にはポジティブな影響があるのではないかと考えています。

海外MBA国内MBAと年収の関係はこれらの調査をもってしても、MBAが直接年収増をもたらしていると示すことはできません。

なぜなら、「もともと優秀な人がMBAに進学しているから、卒業後の年収が高い」とか「MBAに行かなくても、年収が上がっていた可能性がある」とか、MBA進学の要因以外を完全に排除することができないからです。

また、調査の内容によっては「どの時点の年収を比較しているかはっきりわからない」などの疑問も生じます。

しかし、上記の調査が示すように、MBAの取得は年収にポジティブな影響がありそうとは言えそうだ、というのが私の個人的見解です。

スポーツ大好き勉強家ビジネスマン
国立大工学研究科➡国内大手企業(社員3,000人の中から、選抜制海外駐在員に抜擢される)➡2年制国内フルタイムMBA(スペインIE business schoolに半年間交換留学)➡事業家を志して活動中
サッカー歴25年
欧米サッカー現地観戦試合数30試合以上
元社会人関東1部サッカーチーム所属、元Jリーグチームインターン、元甲子園売り子
詳しいプロフィールはこちら